読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

明治天皇御製 昔より ながれたえせぬ 五十鈴川 なほ万代も すまむとぞ思ふ

明治15年 河水久澄 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

公害のことを詠っているのでしょうか?

 

日本の公害年表・表紙

これを見ると、足尾銅山鉱毒事件の年が明治16年になっています。

田中正三が命がけで天皇陛下に直訴状を渡そうとして、とらえられたのが明治34年。

 

明治天皇は自ら洋装をし 

「人もわれも道を守りてかはらずばこの敷島の国はうごかじ」と詠われていました。

 

大切なところは守り、国を守るため強くなるためかえるところはかえる。

 

日本発展のための弊害=公害について、美しい日本が汚れるのは悲しいと思っていたと思います。

 

公害について詠った、初めての天皇陛下になるのでしょう。