読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

わが庭の そぞろありきも 楽しからず わざわひ多き 今の世を思へば

よろしくない感情の御製です

昭和57年

 

 

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

 

 今までの歌と違う気がします。

楽しい=快楽で陛下が生きていないと思うからです。

いままでの歌は

民の平和を祈る 民が働いて尊いと感じる 民が平和でうれしい など

この国のための祈りを感じました。

 

しかし、これは「楽しからず。」とは?

 

上の本の鈴木正男氏は この時期の

①中国からの教科書抗議→日本は屈する

②中国からの鈴木首相以下の靖国参拝の攻撃

神道宗教界において宮中祭祀の乱れ、変貌の指摘

 

を推察しています。

そこで返歌です

 

今の世の わざわひの種 つぶすべき

民草のひとつとして 我ひとり進まん

 

私にできること、していきます

この本もお薦めです

 

余命三年時事日記

余命三年時事日記