読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

國といふ くにのかがみになるばかり みがけますらを 大和だましひ

鏡 明治37年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

日露戦争へ備えての言葉でしょうか。

「いけー!殺せー!」ではない、

心を磨けと いわれている気がします。

じっとじっと備え、励んでいる様子を感じます。

 

この戦争は、心で戦ったのだと思いました。

そうすると、

大東亜戦争も、心で戦ったのでしょうか。