読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

あらし吹く 世にも動くな人ごころ いはほに根ざす松のごとくに

明治41年 巌上松 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部 

 

わかりやすい御製です。

動揺しやすい私への格言にもなります。

 は山にある いわお と見ていいのかな・・・?

 

日本アルプスの山にのぼったとき、地をはうように松が生えていました。

山頂付近は強風がふくとものすごい圧力がかかります。

 

地上で見る松とまったくちがう種類と思えるほど低く、過酷な状況に

じっと耐えている松でした。

 

私が見習いたい人に外交官の 重光葵 がいます。

爆発テロ時に右足を失った人ですが、肝が据わっております。

 

 

 

この歌は大事。いまの日本に必要。そう思います。