読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

ひさかたの 空はへだてもなかりけり つちなる国は さかひあれども

天 明治39年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

なんだか切ない歌ですね。

日露戦争あとにこのような御製を詠まれる心が、

清らかというかなんというか・・・・。

 

たくさんの日本人が殺された戦争。

ロシア人を殺してもいますが、

どちらにとっても やるせない殺し合い。

 

しかしアジアの小国がはじめて白人国家を破ったということは

植民地化されていた国々の勇気となりました。

逆に、その後の大東亜戦争につながる流れ

ロシア~ソ連からの スパイ ゾルゲ、 朝日新聞の尾崎秀美の存在に

つながってきます。

 

いまも日本にたくさんロシアのスパイがいると思います。

中国も、韓国も、そして北朝鮮のスパイも。

 

陛下を守りたい。皇室を守りたい。