読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

手綱にも まかせぬものは 勇みたつ 人の心の あらごまにして

をりにふれて 明治38年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

明治天皇は馬がお好きだったとのこと。

夏の猛暑に馬もぐったりしているよ~という御製もありました。

 

人の心が 制御できないほど  勇み立っている 

暴れ馬のように。

 

この年は 日露の講和条約 ポーツマス条約が調印された年。

そのあとにつくられた御製であれば、条約の内容に不満をいただいた国民の心 になります。

その前であれば、日露戦争への覇気になるのでしょうか。