読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

おのづから 仇のこころも磨くまで 誠の道をふめや国民

をりにふれて 明治38年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

難しい・・・仇を憎むのではなく仇の心を磨くって・・?

 

実例がありました。

乃木稀輔将軍です。

逸話がたくさんありますが、どれもこれも明治天皇の御製を実践したものではないでしょうか?

 

ロシアの敵を尊重する

kykshnhiro.jugem.jp

 

戦が終われば、人間同士。

乃木将軍は、昨日までのロシアの敵を尊重している。

 

徳がある人だな・・・と思いました。

陛下も、御自分がそれを実践していなければ、このような歌を歌えないと思います。

なんというか、レベルが高い感じがします、人格の。

 

息子を2人、203高地と金州南山の戦争でなくした乃木将軍は、人間として

ロシアの将軍(敗軍)と、向け合っている。

戦争をのりこえた先の会談で、人間として向き合っている。

日頃の人格がこの逸話になっているだけで、普段から、誠の道を

ふむ よう心がけていたのではないでしょうか。