読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

末つひにならざらめやは 国のため 民のためにと わがおもふこと

述懐 明治38年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

解釈が難しかったので、調べました。

ついになる=国の未来 民の未来 で陛下が 祈っておられることが

必ず叶う。願望成就。

ただ、歌のタイトルが 成就 ではなく 

述懐になっている。述懐=思いを述べる。

力んだ願いではなく、ただ、「私の思い」は必ず叶う。

ということでしょうか。

明治天皇の願いとは・・・?

 

こちらを参考にしました。

blogs.yahoo.co.jp

 

理想に生きる。それが明治天皇だったと思いました。その理想は日本国内にとどまらない。なぜこのような考え方ができるのか・・・。

皇室の大きな視点に驚かされます。今の日本人は小さすぎるのか。

少しでも近づきたいと思います。