読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

むらぎもの 心のうちに 思ふこと いひおほせたる 時ぞうれしき

歌 明治38年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

うれしい気持ち。明治天皇は、すごーく素直に短歌に感情を表しています。

昭和天皇に比較すると、明治天皇のほうが感情表現が豊か。

 

むらぎもの=心 にかかる枕詞、とのこと。

 

枕詞って奥ゆかしいですよね。

音楽でいえば前奏。それも定型の。

 

御製に素直に心を表せたとき、嬉しい ということかな。

短歌をたくさん歌っても、きっと心のままを表現できるというのは

すごーく難しいんでしょうね。

 

短歌で心を研ぎ澄ます。

嘘偽りを歌わず、心のままをありのままに。

 

明治天皇も一生涯を通じて、磨かれていったんでしょうね。