読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

すすむべき 時をはかりて進まずば 危き道に いりもこそすれ

折にふれて 明治37年

 

明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

 

日露戦争の年によんだ御製なので、

外国との戦争についてではないかと思います。

 

いま戦わなければ、もっと危ない(国が)状態になる・・ということでしょうか。

この御製は、いまの私を鼓舞してくれます。