読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

よの中は たかきいやしき ほどほどに 身を盡(つく)すこそ つとめなりけれ

述懐 明治37年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

高貴な方からこういわれると、納得します。

みをつくし ・・・ドラマで流行った言葉でしたが、

この歌に入ると清らかな印象です。

 

我欲とか エゴ を感じないからでしょうね。

美しい言葉だったんですね。