読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

よもの海 みなはらからと 思ふ世に など波風のたちさはぐらむ

述懐 明治37年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

謎かけをしているように感じました。

有名な歌らしいですね。昭和天皇が開戦の際、この歌を引用されたとか・・・

はらから=兄弟 という意味。

 

日露戦争のときに歌っていると言う事は、

戦争をしたくない、平和を望む気持ちを感じます。

 

ロシアを兄弟とは私は思えません。

火事場泥棒で日本降伏後に北海道に攻め入り、シベリア抑留で日本兵を虐待し、

朝鮮半島で日本女性を酷い目に合わせ、日本とアメリカが戦争をするように

コミンテルンを送り込んでいた・・・

 

いまだに信用ならないけれど、もし明治天皇がご存命なら、どう言われたんだろうとも思います。