読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

こらは皆 軍のにはに いではてて 翁やひとり 山田もるらむ

田家翁 明治37年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

日露戦争時です。

本当に不思議なんだけれども、天皇陛下はなぜ国民にここまで寄り添えるのでしょうか?

それを本当に理解したい。