読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

身にあまる 重荷車を ひきながら いそがぬ牛は つまづかずして

明治37年 牛 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 

牛です。馬も以前出てきました。

動物が出てくるところが、昭和天皇とちがうところ。

昭和天皇は植物を愛したからかな・・・?

 

この御製は、とっても深い意味を感じさせられます。

自分へのプレッシャーをじっとじっと耐えて感じて、それでもゆっくり前に進む。

 

牛歩ということばが、国会の牛歩戦略で悪い意味に感じられていたけれど、

この御製を詠むと、なんだかとてもいい意味に感じられます。強く生きて生きたいという願いを感じます。

 

脱線しますが、「友愛」という言葉はとても美しい言葉だと思っていました。

しかし鳩山元総理がこの言葉を繰り返し使ったことで、すっかり薄汚い印象になってしまいました。

言葉をいかすも殺すも使う人しだい・・・言葉とは、恐ろしいもの、と感じました。