読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

仇波のいづまりはてて 四方のうみ のどかにならむ 世をいのるかな

明治37年 海 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部 

 

日露戦争開戦の年ですから、覚悟の年だったと思います。

 

日露戦争のときの、日本人全員の覚悟を想像すれば、

ものすごいものがあります。

全国民をあげての総力戦だったと思います。

このとき、日本人は心身ともに最強だったのではないでしょうか。

 

この御製は、たったの一人の明治天皇を感じます。

まわりに誰かいても、一人の境地。

 

のどか=平和。

 

のどか という言葉すごく重く感じられます。