読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

仇波の しづまりはてて 四方のうみ のどかにならむ 世をいのるかな

海 明治37年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 
ー穏やかな海を見て、世のやすらけきことを望む。
 
自然の中に平和を見出だすのは日本らしい気がします。
 
しかし穏やかな海を見て国のことを祈るなぞ、私は感じたことがありませんでした。
感じたい・・・
 
例えばこれからの季節 サクラの美しい花、新緑の
美しい森などなど、いたるところに美しいものがある・・・
 
この美しさよ永遠に と思えたら、自然に思えたらいいなあ