読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

まじかくも たづねし民のなりはひを こよひ旅ねの夢にみしかな

旅宿寝 明治36年 明治天皇御製百首 東洋生命保険株式会社奉公部

 
国民とのふれあい ご巡幸でしょうか。
明治天皇のこの本には民のことはあまりありませんでした。
 
民一人一人というより
世のやすらけきこと
日本国全体が守るべきところは守り
かわるべきところは変わらなければという危機感は感じます。
 
昭和天皇はたくさんあります。
国民とのふれあいは昭和天皇の方が多いからでしょう。