読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

大切な3首 終戦において

爆撃にたふれゆく民の上をおもひ

いくさとめけり みはいかなれむとも

 

身はいかに なるともいくさ とどめけり

ただたふれゆく民をおもひて

 

国がらをただ守らんといばら道

すすみゆくとも いくさとめけり

 

終戦に対して。

 

言葉も出ません。

終戦前後、日本国民のことをこれだけ考えてくださっていた。

胸が詰まります。

陛下とはお互いに思い合える関係であった、と思います、このとき。

今は?

 

天皇陛下がどういうご人徳であろうとも、国民がしっかりしていれば、乗り越えられると思う・・・。人に期待しすぎてはいけないと思います。

 

昭和天皇から大きな大きな祈りの心をいただいたからといって、次やそのまた次の陛下にもそれを期待するのは、いけないと思う。というか、人に求めるくらいなら自分がしっかりしたほうがいい。

 

私自身、陛下への思いが揺れています。主に、浩宮様の行動を見て。

なぜ注意しないのかとか、思っていましたが、もうその段階を超えてしまっていると思います。どうか昭和天皇にいまの浩宮様を見ていただきたい。

 

私たち日本人は将来の天皇陛下として、浩宮様を迎えるのでしょうか?

怖いです。しかし、しっかりしなければ・・・

 

 

 

 

 

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯