読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

潮風のあらきにたふる 浜松の ををしきさまに ならへ人々

占領時代 折にふれて 昭和22年 御年47才

 

 

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

 

 ならえ と詠っていますが、ご自身にもいいきかせているように感じます。

 

占領軍 GHQによる日本の文化毀損、日本政府の人事権を掌握され、信頼されている人々が更迭される日々。戦犯を裁く裁判もある。この裁判こそがおかしい・・。

 

まだ戦地から戻ってこれない人もいる。

 

じーっと松のように耐える。その形を風に吹かれて這うようになっても、耐える。

日本人らしい歌です。

そこで返歌です。

 

耐えうれど 御親を傷つける売国奴

ゆめゆめ忘れず心に刻め

 

いま、当時の敗戦利得者が日本で勢力を握っています。

東大などの学府、大手企業、日教組、在日。そして、日本人ながらGHQに慮り、日本を傷つけた人たち。

 

私は弱い人間ですから、当時その場にいたら、圧力をかけられたら売国行為をしてしまったかもしれません。いま、そうならないよう自分を日本人として組み立て中です。

普通に生きていても決してやってはいけないことがあるー。

敗戦時の人々の姿が、教えてくれます。