読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

浅間おろし つよき麓にかへりきて いそしむ 田人 たふとくもあるか

昭和22年 長野県大日向村 ご巡幸

 

この歌の奥には悲しい民の歴史があります。鳥肌がたちました。

 

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

 

 本より引用します。P452

 

大日向村=満州開拓団の引揚村で、団員694名のうちソ連軍の攻撃に半数が虐殺あるいは自決、323名がやっと内地へ帰りつき、ここへ入植したのであった。陛下は急造の車も通れない2キロもの山道を徒歩おひろいで赴かれ、この人達を見舞われた。全員は泣いてお迎えした。この道は今に「天皇道」と称されている)

 

ソ連による民間人虐殺です。忘れてはならないと思います。

生き残った方々は、必死。しかし生き残ったことへの罪悪感があったと思います。

そこへ天皇陛下が来られる。たぶん「生きて帰ってくれてありがとう」と

いう気持ちで。

きっと村の人々は、許された気がしたのではないでしょうか。

 

東北大震災で 天皇陛下ご夫妻が 被災者を見舞われたときもこういうお気持ちだったと思います。「生きて帰ってくれてありがとう」

 

そこで返歌です

 

ふるさとに 生きて帰りし 村人の

こころ癒して ありがたきなり