読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

外国に あきなふために 糸をとり またはたおりて はげめとぞ思ふ

昭和22年 折にふれて

 

 

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

 

 

 

 

戦後2年目の歌です。敗戦後、ご巡幸が昭和21年から始まっているので

巡幸の際に見た風景について詠まれたか、国民の様子を報告を受けたか。

 

はた織りは アメテラスオオミカミ も行っていたことですね。

よく考えてみれば

神様みずから働いている・・・日本人は民も神も働き者ですね。

 

そこで返歌です

 

はたおりの乙女と神は 糸つむぐ

すめらみことの励ましぞ うれし