読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

国のために祈る 孝明天皇も

今日は変則的に他の天皇の御製を紹介します。

 

孝明天皇(1831-1866年)幕末

朝夕に 民安かれと 思ふ身の 

心にかかる 異国とつくにの船

 

おなじく孝明天皇

澄ましえぬ 水に我身は 沈むとも

濁しはせじな 四方よもの民草

 

最後に 昭和天皇です 昭和50年

 

わが庭の 宮居に祭る 神々に

世の安らぎを 祈る朝々

 

全身全霊で毎日毎日 民の為に祈っていただいているのが伺えます。

昭和天皇に限らず代々天皇陛下は祈りをささげているのですね。

 

 

日本は天皇の祈りに守られている

日本は天皇の祈りに守られている

 

 

そこで返歌です

 

神々に 祈りささげる すめらみこと

御身のことは 民が祈らん

 

やっぱりご自分のことは祈ってなさそう・・・

かわりに民が、陛下のことを祈ります。