読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

昭和天皇へ歌を送ろう おてんと短歌 高殿のうへよりみればうつくしく 朝日にはゆる沖のはつしま

高殿のうへよりみればうつくしく 

朝日にはゆる沖のはつしま

 

昭和14年 御年39才

 

 

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

 

 

前年13年には国民総動員法が公布され、東京オリンピックを返上しています。

16年の大東亜戦争へ向かっていく時勢ですが、この歌は平和を祈っていると感じます。

よむだけで心が洗われた、歌です。

 

そこで返歌

 

祈りをば 受け取ることを 知らねども

感じることを 志さねば

 

昭和天皇や 現 天皇陛下は やはり 日本、日本人を祈りで守ってくれていると感じます。

自衛隊については、私たち国民を守るために背中をこちらに向けている、その背中を攻撃するような真似をしない、させない、とは思っていたのですが 天皇陛下についても同じように感じます。私たちのほうを向いて、祈ってくださっているだけです。

 

その動向をしらなくても、それを鋭敏に感じること。昔の人はもしかしたらそれができていたから 皇室に対抗したり 皇室を襲ったりしなかったのかもしれません。

 

私も、感じたいです。陛下がどのような方でも、必ず日本のことを祈ってくださっていることを。