読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

昭和天皇へ短歌をおくろう おてんと短歌 西ひがし むつみかはして 栄ゆかむ 世をこそ祈れ としのはじめに

上の短歌は 昭和15年 御年40歳の御製です(迎年祈世)

 

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

 

前年は第2次世界大戦が勃発。

日本は支那事変の解決に懸命した時期とのこと。

むつみ・・・平和を願っていると感じます。

 

これから日本は戦争期に入ります。

きな臭いけれど 平和を祈る。

 

そこで返歌です 2句あります

 

戦なれど やまとの民は 勇敢に

国守るため 命かけゆく

 

靖国にあまたの御霊 戻りきて

民草の祈り まじわいけるなり

 

たくさんの英霊が日本を守るために死んでいきました。

餓死したり、激突したり、死にざまは様々でした。

いま私たちは平和を享受しています。 靖国に平和を誓い、英霊を誇りに思うこと。

日本人の責務だと思います。