読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛国短歌 国を愛する気持ちを短歌にこめて

ふるさと日本を大切に思う気持ちを表現したい。短歌は心のままを歌うもの。だから言葉を飾らず素直な気持ちで歌います。

おてんと短歌 静かなる神のみそのの朝ぼらけ 世のありさまもかかれとぞ思ふ

昭和13年御年38歳

静かなる神のみそのの朝ぼらけ 

世のありさまもかかれとぞ思ふ

 

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

昭和天皇のおほみうた―御製に仰ぐご生涯

 

神のみそのは 神社のこと 奥ゆかしいいい言葉ですね。

上の本によると 昭和12年に盧溝橋事件がおきて 日本の戦線がこれから拡大しようとするときに 国民を戦争へ鼓舞するのではなく ただただ 穏やかな国柄を望む心情がよみとれます

 

そこで返歌です

 

初詣 神のみそのに導かれ

すめらみことのの弥栄を祈らん

 

昭和天皇も、いまの天皇陛下も日本の事や日本国民の事を祈っていても、 自分自身の事や家族の事を祈っていない気がします。

歌からそういう気がします。

だから、民草が陛下の幸せを祈って差し上げたらすごい祈りのパワーになると思います。